これだけで完了! 無料で会員登録可能! DUGAでPPVで作品を購入する方法 管理人の購入までの全記録

王道の女優モノからスカトロや盗撮を含むフェチものまでエロ動画はほとんど全部網羅していると言っても過言ではないDUGA。PPV(サブスクなどの月額制ではなく、単品買い切りでダウンロードして視聴すること)を導入しており、かつ単価もそれほど高くない設定であることが理由で業界の有料アダルト動画サイトのトップクラスに位置しているサイトだ。

X-UNDINEでも投稿する動画のテーマとして多い「おしっこ」「潮吹き」「オナニー」などのジャンルの動画が豊富に取り揃えてあり、一度好みの動画を探し始めると時間が経つのを忘れてしまうほどだ。

しかし、X-UNDINEをご覧になってくださっている方も含め、ほとんどの日本人がエロ動画は無料で手に入るものと思い込んでいる節がある。有料のエロ動画と聞いてすぐに聞かなかったことにしてしまう日本人も少なくないだろう。管理人も昔はそうだった。個人的な話をすると、管理人が中学生ぐらいの頃、ファイル共有サービスというものが流行し、無料で簡単にエロ動画を手に入れることが出来た。しかし、合法/違法の間のグレーゾーンに位置していたため、流行は下火になっていった。

今は時代が変わった。良いコンテンツにはお金を払おうという機運が日本でも高まってきている。エロ動画で簡単な例を挙げると、レンタルビデオ店でAVをレンタルしたことがある人は多いだろう。あれも、「価値あるものには対価を支払わなければならない」「良いコンテンツには課金が必要」という原則に則っている。

しかし、物理的な「モノ」ではないデータをネット上からダウンロードすることに抵抗を覚える人がまだ依然として多いのも事実だ。そこで今回は筆者がいち一般人としてDUGAに登録し、作品を購入して再生するまでのプロセスをこの記事に記録しようと思う。長くなるかもしれないが、最後までお付き合いいただけると幸いだ。


DUGAのトップページに行くのがまず第ステップだ。こちらから飛べる。トップページに行ったら、下図の赤い矢印の先の赤い四角内の「今すぐ無料で会員登録」をクリック。

 

するとメールアドレスと任意のパスワード、そして年齢を入力するページに遷移する。必要項目を入力したら「登録する」を押せばいいだけだ。「メールアドレスをアダルトサイトに入力すると迷惑メールがいっぱい来るに違いない」と思っている方は少なくないかもしれないが、実際はサイトからのメールマーケティングが目的なので、第三者にメールアドレスが漏れることはまずないと思っていい。それに、メールマガジンも「ウザい」と思う方は図にあるように「受け取らない」にチェックすればいいだけだ。

そして、少しの間、メールアドレスのチェックをしているなどと待たされ、画面が変わると、何と! もう! 会員登録が完了してしまったのだ!

 

次はマイページに進んで決済方法を選ぼう。上の図に「マイページに進む」とあるのでクリックすると下図マイページが開かれるので、図の通りクレジットカードの登録に進もう。決済方法は他にも用意されており、「クレジットカードをアダルトサイトに登録したくない」という方はコンビニ払いなども可能だ。ちょっと面倒だが銀行振り込みもできる。

そして、上の図のように個人情報を入力していく。クレジットカード会社からの利用明細には「DUGA」などとそのまま書かれないと説明してある。お父さんがこっそりカードでDUGAに登録して何かを購入しても、クレジットカードの明細にはまさかそれがエロ動画で、タイトルまで載る、なんてことはないのでご安心を。管理人はネット上でのカード決済に全く抵抗がないので、必要項目を入力していく。

その後、クレジットカード会社のページに飛び、パスワードを入力し、画面の指示に従っていると、カードの登録が完了したと出てきた。マイページのトップに戻っている。これで作品を購入する準備は出来た。それでは次に作品を実際に購入してみよう。購入するのは管理人が以前久しぶりに見かけてからずっと気になっていたパイパン美少女(FAP)から選ぶことにする。

参考写真も豊富なうえ、下に載せたようなサンプルムービーもあるので、自分の好みの顔、シチュエーションなどから購入する作品を慎重に選ぶことが出来る。残念ながら、中学生の時にファイル共有ソフトで手に入れオカズにしていた娘が見当たらなかったので、あと管理人の好みを満たすこの娘の作品を購入することに決めた。次に購入方法と視聴するまでをご案内する。

Amazonや楽天で買い物をしたことがない人は少ないだろうから、下図のように総額と作品詳細、そして「買い物かごに入れる」ボタンがあれば何をすればいいかすぐ分かるだろう。

商品をかごに入れると下図の画面になるので、商品が確かにかごに入ったことが確認できる。購入手続きに進むには右側の赤枠内の「購入内容の確認へ進む」をクリック。


すると電話番号で認証するとの画面になるので、自分の電話番号を入れる。SMSで暗証番号を送ってもらうか、電話での音声で暗証番号を聞くか、どちらかを選べと言われるので、管理人はSMSを選んだ。そしてスマホに送られてきた暗証番号4桁を入力画面に入力し、認証は完了。次に支払方法を聞かれるので、コンビニ払いの人や銀行振込の人はどうやるのか分からないが、管理人はクレジットカード決済なので、「カード情報の入力へ進む」を素直にクリックして前に進む。

クレジットカード情報を入力して先へ進むと、上図の通り購入が完了したと言われる。DUGAの場合、購入履歴から作品をダウンロードするので、「PPV購入履歴へ進む」をクリックする。そして履歴の中から自分が買った作品を選び、作品ページに移ったところで画面右側が先ほどと変わっていることに気づくはずだ。

作品が購入済みであると書かれ、図の赤枠内にダウンロードボタンが出来ている。さっそくこれを押そう。するとすぐにダウンロードが始まり、完了すれば視聴することが出来る。

最初からここまで丁寧に説明するとかなり長く感じられるかもしれないが、慣れたらそれこそ「ポチる」感覚で簡単に作品を買うことが出来る。DUGAにはダウンロードの他にもストリーミングやレンタルもあり、視聴期間が限られるレンタルは値段も安く設定してある。

いかがだっただろうか。難しく感じただろうか。1,676円の作品を何の躊躇もせず購入したことに驚いた人もいるかもしれないが、DVDやブルーレイを買うより安く、しかも自分のフェチにストライクな作品を買えるのだから、そう高い買い物ではないだろう。

この後、妻がお風呂に入るという。妻は長風呂なので、さっそく購入した作品をオカズにオナニーをしようと思う。